三井物産エアロスペース株式会社 セキュリティシステム

TELEDYNE FLIR(赤外線カメラ)

サンプルムービー

  • 赤外線・サーマルカメラ基礎知識

    赤外線・サーマルカメラ基礎知識

    私たちの身近にありながら目に見えない赤外線とは一体何か、サーマルカメラで何ができるのか。基礎的な事を分かり易く解説しています。

  • セキュリティ FLIR カメラ インデックス

    セキュリティ FLIR カメラ インデックス

    時代のニーズを的確に捉えた FLIR の製品開発は、様々なセキュリティサーマルカメラを誕生させてきました。固定型、旋回型、可視/サーマルカメラ併載のマルチ・センサーカメラ等、お客様の要望に合致するサーマルカメラソリューションが必ず見つかります。

  • セキュリティ FLIR 640×480 VGA 解像度

    セキュリティ FLIR 640×480 VGA 解像度

    FLIR のスローガンは“Infrared Everywhere = 赤外線をあらゆるところに”です。サーマルカメラの低価格帯を推進し、昨今では320×240カメラも一般的になりました。今後は640×480画素のサーマルカメラの普及が日本国内でも見込まれます。

  • セキュリティ FLIR + ioiプロダクツ映像センサのコンビネーション

    セキュリティ FLIR + ioiプロダクツ映像センサのコンビネーション

    FLIRカメラは可視光線を一切映す事無く、物体の放射する熱をイメージングしますので、映像センサとの相性は抜群です。映像センサにとって最も厄介な光による誤警報を無くし、夜間照明が無くとも映像センシングが可能です。

  • 投光器付 FLIR カメラ EnforcIR

    投光器付 FLIR カメラ EnforcIR

    可視カメラ・サーマルカメラに加えて360°連続旋回する旋回ユニットと3km先まで届く強力投光器を組み合わせた多用途監視カメラです。可視カメラとサーマルカメラの映像をミックスし、視認性を更に高めることもできます。

  • 遠隔監視用 冷却式 HD FLIR - Ranger HDC

    遠隔監視用 冷却式 HD FLIR – Ranger HDC

    高感度 インジウム・アンチモン冷却型素子を搭載、1280×720 HD 画質をサーマルカメラで実現しました。今までのサーマルカメラとは一線を画す、超高精細・高ズーム倍率映像をご覧ください。

  • 遠隔監視用 冷却式 FLIR Ranger HRC MS 岩手県釜石港の様子

    遠隔監視用 冷却式 FLIR Ranger HRC MS
    岩手県釜石港の様子

    高感度 インジウム・アンチモン冷却型素子を搭載、最大ズーム時焦点距離1,100mmの遠隔監視FLIRのグローバル・スタンダードです。画面内の時間表示設定が狂っていますが、冬季日没後の夜間に実施したデモの映像です。途中で可視カメラの映像に切り替わるシーンがありますので、サーマル・可視カメラの映像を比較してみてください。

  • 遠隔監視用 冷却式 FLIR - PT602CZ

    遠隔監視用 冷却式 FLIR – PT602CZ

    高感度 インジウム・アンチモン冷却型素子を搭載、連続光学ズーム可能なサーマルカメラと可視カメラを旋回ユニットに搭載した、遠距離監視FLIRのエントリーモデルです。米政府の輸出規制対象にならない赤外線素子を使用しているので、現場でもクーラー交換が可能です。

  • 火災検知・熱監視用サーモグラフィ - 温度計測・警報発生デモ

    火災検知・熱監視用サーモグラフィ – 温度計測・警報発生デモ

    FLIRサーモグラフィ FC Series Rカメラで温度計測をしています。設定したエリアやスポットが、一定の温度以上/以下になるとアラームを発します。Internet Explorer上で簡単に条件設定可能です。

  • 火災検知・熱監視用サーモグラフィ A3xxf/pt Series - 紹介映像

    火災検知・熱監視用サーモグラフィ
    A3xxf/pt Series – 紹介映像

    FLIRサーモグラフィ A3xxf/pt の紹介映像です。FA等にも用いられる±2℃の計測誤差を誇るカメラを屋外用の耐環境ハウジングに搭載、更に旋回ユニットと36倍光学ズーム可能な可視カメラと組み合わせました。屋外の火災監視、設備温度異常検知等に最適です。

  • 火災検知・熱監視用サーモグラフィ - 燃焼実験

    火災検知・熱監視用サーモグラフィ – 燃焼実験

    FLIR サーモグラフィ A35 カメラを利用して実施した燃焼実験です。 消防規格の火皿を利用し、10m離れた地点から撮影しています。温度レンジの影響で 187.7℃以上の計測ができていませんが、別のレンジを適用する事でさらに高温も、計測可能です。予め設定したエリアに、予め設定した温度以上の物質が発生する事で、アラームを自動的に発生、警報を監視員に伝達します。

  • 火災検知・熱監視用サーモグラフィ 遠方の富士山の温度を計測

    火災検知・熱監視用サーモグラフィ
    遠方の富士山の温度を計測

    FLIR サーモグラフィ A35 カメラを利用して約15km程度離れた位置(新富士駅近辺)から、富士山の温度を計測しています。相当な距離が離れていますが、正確な表面温度を示しています。

  • FLIR船舶搭載用カメラ - M Series

    FLIR船舶搭載用カメラ – M Series

    夜間の暗闇の中の航海は多くの危険が存在します。Mシリーズは光を一切必要としないサーマルカメラと低照度可視カメラを併載した、マルチセンサー舶用FLIRです。障害物や不審船の早期発見、乗員滑落時の捜索などに威力を発揮します。

  • 防振装置付船舶搭載用 SeaFLIR230

    防振装置付船舶搭載用 SeaFLIR230

    230mmの小型ジンバルに可視/赤外線カメラ、旋回機構、通信装置、防振装置等を詰め込んだ船舶搭載用カメラシステムです。防振装置を搭載することで、航行中の船舶によって発生する振動を極小化し安定的な映像を生成します。また、連続ズーム可能な可視/赤外線カメラにより、照明のない夜間の海上でも日中と同様に監視、捜索が可能です。

  • PathFindIR 車載用サーマルカメラ - 肉眼との映像比較

    PathFindIR 車載用サーマルカメラ – 肉眼との映像比較

    PathFindIRは夜間 の安全運転や事故防止を目的として、一般乗用車から商用・工業用車両向けに開発した車載サーマルカメラです。サーマルカメラは映像の生成に光を必要としないため、夜間でも遠方まで見渡すことが可能です。ハイビームの約4倍の視認距離を誇ります。

  • PathFindIR 車載用サーマルカメラ - 映像センシング

    PathFindIR 車載用サーマルカメラ – 映像センシング

    PathFinder の最新版は映像センシング機能を搭載し、運転者に歩行者等の存在を自動的に明示してくれます。夜間、裸眼では見辛い状況でも、FLIR の目で遠方まで見渡す事ができます。

  • FLIR TacFLIR230 車載用防振装置付遠距離監視用赤外線カメラ

    FLIR TacFLIR230
    車載用防振装置付遠距離監視用赤外線カメラ

    TacFLIRは直径230mmの円形ジンバルに、赤外線カメラ・可視カメラ、旋回装置、通信装置、防振装置の全てを詰め込んだコンパクトな車載カメラです。防振 装置を搭載していますので、走行中の振動による影響を極小化し安定した映像を 提供します。連続ズーム可能なサーマルカメラと可視カメラの画角が連動するので、映像の切替、2分割同時表示などで対象物の確認を容易に実施できます。

  • FLIR 移動式監視塔 Skywatch

    FLIR 移動式監視塔 Skywatch

    Skywatchはトラックで牽引しどこでも展開できる移動式監視塔です。FLIRカメラの他にも投光器、拡声器、モニター、レコーダー等を監視小屋に搭載。油圧機 構で地上7.6m程度まで小屋を持ち上げ、即席の監視塔をどこでも展開です。